2020年2月23日(日) 22:51 JST

偉人伝第一回発売キャンペーンについて

  • 2007年3月11日(日) 09:41 JST
  • 投稿者:
    Admin
偉人伝

2007年3月末まで偉人伝発売開始キャンペーンを実施します。

この間に科学者/音楽家10人シリーズを購入されると「ケタ違い脳力開発/デジタル速音聴」本と倍速CD2枚セット(価格3,150円)がもれなく付いてきます。

5枚セットの場合も「ケタ違い脳力開発/デジタル速音聴」本をプレゼント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.ensuu.com/trackback.php/20070311094114627
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

  • 魏晋南北朝、、印の概要
  • 投稿者:eeskfjk on 2013年9月12日(木) 10:15 JST
漢亡魏兴、魏晋基本的漢実印制度であり、に漢民族以外の少数民族のお墨付きでか見分けが当時の篆刻スタイル。その印文方正より、そんな円融の意味を帯び漢印。ボタン制に亀、ラクダ、瓦、魔よけのボタンなど、文字に劣ると漢の時代、魏晋私印のフォントを引っ張って、常に字形、世に言う「懸針篆書」。魏晋以降社印の鋳制ももっとずさん、これが物事の発展の必然の法則、隆盛の同時にも示している衰退を。 魏晋以降の時代、社会は更に揺れ動いて不安定で、戦乱が毎年、人民の生活は難しいか片時喘ぐ。このような社会の大変動、大破壊は、秦漢以来の繁栄と発展を促した古玺印文化が早く死んで、私達は歴史からの遺物のこの時期のはんこが明らかにそれを感じるが、社会の不安定に人の心の乱れは茫然として、印鑑文字乱れ軽率、ぞんざいな甚だしきに至ってはわかりにくい。璽印としての時代の産物多かれ少なかれ地帯にひとつあれの時期の跡で、1部の中国印鑑ケースの発展史で、1部の完全な中国の社会の発展史。南北には中国璽印の発展史の上の重要な転換は、中華古玺印式微をする時期は盛んに向かう。
  • 魏晋南北朝、、印の概要
  • 投稿者:eeskfjk on 2013年9月12日(木) 10:18 JST
漢亡魏兴、魏晋基本的漢実印制度であり、に漢民族以外の少数民族のお墨付きでか見分けが当時の篆刻スタイル。その印文方正より、そんな円融の意味を帯び漢印。ボタン制に亀、ラクダ、瓦、魔よけのボタンなど、文字に劣ると漢の時代、魏晋私印のフォントを引っ張って、常に字形、世に言う「懸針篆書」。魏晋以降社印の鋳制ももっとずさん、これが物事の発展の必然の法則、隆盛の同時にも示している衰退を。 魏晋以降の時代、社会は更に揺れ動いて不安定で、戦乱が毎年、人民の生活は難しいか片時喘ぐ。このような社会の大変動、大破壊は、秦漢以来の繁栄と発展を促した古玺印文化が早く死んで、私達は歴史からの遺物のこの時期のはんこが明らかにそれを感じるが、社会の不安定に人の心の乱れは茫然として、印鑑文字乱れ軽率、ぞんざいな甚だしきに至ってはわかりにくい。璽印としての時代の産物多かれ少なかれ地帯にひとつあれの時期の跡で、1部の中国印鑑ケースの発展史で、1部の完全な中国の社会の発展史。南北には中国璽印の発展史の上の重要な転換は、中華古玺印式微をする時期は盛んに向かう。